Home > New Releases > Rolf Sachs

今回で4作目となる、幅広い専門性をミックスした手法で知られるアーティスト、ロルフ・ザックスとフォルティスのコラボレーションです。ザックスは、 “2.4mlウォッチ”をデザインするにあたり、化学実験室とそこで使われるガラス器具の視覚言語を取り入れました。そして、実験室で目にした化学的技法からインスピレーションを得て、まったく新しい思いもよらないアプローチのしかたでデザインを完成させたのです。

時計業界では初めて用いられる技法「アンバーリング(琥珀色に着色すること)」を駆使し、実験室のガラス器具に見られる目盛を時計のガラス表面に「再現」しました。手作業でガラス表面にデザインを描き、琥珀色の染料タンクにそれを浸して、高温のオーブンに入れて焼きます。こうすることで、キズがつきにくいガラス表面に、アラビア数字、分刻み、インデックス、ロゴをダイレクトに焼きつけるのです。手作業で行うため、仕上がりや色の出方に弱冠の個体差がうまれますが、それがかえって味わいとなります。

『わたしはいつも、なにか新しいものはないかと探し回っています。今回の作品ですが、化学実験室で目にした風景と技法からヒントを得て、アンバーリングという方法を採用しました。フォルティスとのコラボではこれまでになかった新しい手法で、ダイヤルではなく、ガラスにデザインをプリントするやり方です』とザックスは述懐しています。

モデル名”2.4ml”とは、ガラスとダイヤルのすき間に存在する空気の量をあらわします。スチールケース、針、オレンジがかった赤のシリコンストラップを含むすべてのディテールには、実験室の風景と技法が反映されています。細部にこだわることでデザイン全体に統一感を生み出す、ザックスならではのアート手法がここに息づいています。彫刻作品の“neon”ライトや、“chemie”ライトシリーズは彼のコレクションのなかでもよく知られた作品で、ザックスが以前から理科で使うガラス器具や化学的手法に並々ならぬ興味を抱いていたことを伺い知ることができます。

Rolf Sachs
ロルフ・ザックス 2.4ml リミテッド・エディション

Ref.623.10.92SI / 限定150本

ETA2836、自動巻、時・分・秒表示、医療用ガラスのようなユニークな外観を実現するためにロゴマークおよび数字とインデックスはミネラルガラスの表面に加工、ステンレススチールケース、シリコンストラップ、ケース直径40mm、3気圧防水
税別本体価格:280,000円

rolf_sachs_photo

ロルフ・ザックス:
コンセプチュアル・アーティスト、デザイナー

1955年、スイス・ローザンヌ生まれ。ロンドン大学LSE校で数学を学び、アメリカのメンロー経営大学で経営管理の理学士号を取得。彼の作品は芸術、デザインといった枠組みを超越していて、つねに探究的かつ概念的なアプローチをとおして観るものに驚きを与える。慣例にとらわれないもの、誰も思いつかないようなものをいつも探し求めて、その哲学は写真、彫刻、設置物、舞台芸術のオブジェに至る彼のすべての作品に反映している。
30年以上にわたりその作品は世界中のアートギャラリーや、ケルン応用芸術美術館、ロンドン・ビクトリア&アルバート美術館に展示されている。異なった分野にまたがるザックスのアプローチによって、たとえばモンテカルロ・オペラ座、ヘッセン州立劇場、ライカカメラAGなどさまざまな企業や芸術団体とのネットワークができあがっており、彼は芸術とデザインが強く結びついた作品を生み出すさまざまなプロジェクトに関わり活動を続けている。
フォルティスとは2008年にダイヤルに黒板をデザインした「IQウォッチ」、2011年にはフロスト仕上げの風防をもつ「フリッソン」、2015年に「2Π」でタッグを組んでいる。