26. SEPTEMBER 2016

フュルステンベルク・ポロ・カップ2016

試合終了直前でストライク!7対6.5でチーム・フォルティスがチーム・オクトゴンに辛勝

快晴の青空のもと週末に行われたフュルステンベルク・ポロ・カップ2016では、8チームが参加してゴールド、シルバーカップをかけて争いました。決勝ファイナルでは、チーム・フォルティスが終了間際に得点し、7対6.5でチーム・オクトゴンを辛くも下しました。これによって、トーナメント公式タイムキーパーであるスイス時計メーカー、フォルティスが見事ゴールドカップを手にしたのです。

オープンウォータースイミングの最初のプロジェクトは、ジュラ湖水地域の遠泳です。マータンからイヴドン・ル・バンを経てソロソンに到達するルートで、100キロメートルを4ステージに分けて泳ぎ切ります。自然界の厳しい条件下で泳ぐには、自分の限界を超えなければなりません。

1ステージが9 キロから44キロほどの距離で、波が荒く風や水流は気まぐれに変化します。フォルティスはモンベッリのスポンサーを務めており、彼はアクアティス・コレクションのマリンマスター クロノグラフを装着してこの冒険に挑みます。

fortis-polo_2

ちなみに、シルバーカップを獲得したのは、このトーナメントを主催する個人銀行ベーレンバーグのチームと対戦し見事勝利を収めたチーム・マセラッティでした。フュルステンベルク家当主夫妻のチーム・グラフフォンファーバーカステルは一回戦でチーム・トリゲマに5対2で勝利しましたが、決勝戦までは残ることはできませんでした。今回のミディアムゴール・クラスでは合計8チームがゴールドとシルバーのカップを賭けて戦いました。国際ポロ競技大会ではドイツ、フランス、イタリア、スイス、ブラジルとアルゼンチン各国の選手が一同に会します。2007年以来ベーレンバーグ主催のフュルステンベルク・ポロカップはドイツ国内で開催されるポロ大会の中でも欠くことのできない存在で、地元とスイス近郊からドナウエッシンゲンまでの広範囲から訪れる数千のビジターを魅了しています。

fortis-polo_3

トーナメントのスポンサーは、個人銀行のベーレンバーグです。1590年創業の個人経営銀行でハンブルクに本社があり、シュトュットガルト他国内外の18拠点に支店を持っています。10年以上にわたりポロ競技大会にかかわっており、フュルステンベルク以外にもドイツの最も権威のあるいくつかのトーナメントでスポンサーを務めています。その他、グラフフォンファーバーカステル、繊維会社トリゲマ、バッド・デュルハイマー、ファイナンシャルサービス オクトゴン、ディーラーシップ A、オートハウス ゴーム、グラフハーデンバーグが協賛企業として名を連ねています。トーナメント公式タイムキーパーは、スイス時計メーカーのフォルティスです。

fortis-polo_4

フォルティスCEO、マクシミリアン・スピッツィは、ゴールド、シルバーそれぞれのカップを獲得したチームのメンバー全員にフォルティスの腕時計を賞品として手渡し、その健闘を称えました。

一位:チーム・フォルティス(Emanuele Boni (HCP 0), Edouard Guerrand Hermes (HCP 0), Nico Lopez (HCP +3), Marcello Caivano (+3))
二位:オクトゴン
三位:グラフハーデンバーグ
四位:グラフフォンファーバーカステル(フュルステンベルク公クリスチャン殿下とベアトリス王女が参加)

fortis-polo_5