27. APRIL 2017

モンゴル・ラリー

忘れえぬ冒険

私たちの時間をかけた偉大な冒険は、いまだ続行中です。そして、私たちはこの一員であることを特に誇りに思っています。

モンゴル・ラリーはヨーロッパで始まったカー・ラリーですが、その起源となったのはモンゴルのユランド・バーターを終点とするラリーでした。自動車の輸入および処分に伴う費用や税金を避けるため、現在、ラリーはモンゴルを通過し、ロシアのウラン・ウデがゴールとなっています。主なスタート地点は英国ロンドンで、第二のスタート地点がチェコ共和国にあります。「世界で最も偉大な冒険」と言われているラリーです。このラリーには3つの基本ルールがあります。

  1. 車は小さくて“ガラクタ”のようなものでなければならない。
  2. チームは完全にはサポートされていません。
  3. チームはチャリティーのために少なくとも1000ポンドを調達する必要があります。

ラリーは伝統的なレースではなく、参加者の冒険になるように計画されています。主催者は、高速道路でのレースは違法であり、最初にゴールしたものには何の賞も用意されていないことをあらかじめ告知しています。その他多くの一般的なラリーとは一線を画しています。特に、支援チームも宿泊施設も用意されていません。実際に、小さな乗り物はラリーの大胆な精神の中では、使用するには不適当です。

つまりこれはドライバーのための冒険なのです。お金をかけずに、地元の言語の知識もほとんどなく、でも時間だけはたくさんあるような状況で、あなたはどのようにしてモンゴルまでたどり着きますか?南東ヨーロッパ、トルコやロシア、グルジアやイラン、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタンを横断するのです。問題山積の長い旅路です。車の中の限られたスペースで、グループとともに長時間過ごさなければなりません。車では、大きな問題なしに数千キロメートルを走ることなどほとんど不可能です。当局とともに、いくつかのビザや許可証、威圧感のある官僚主義のハードルに対処しなければなりません。それも自分ひとりで。参加者の中には、パミール高原やキルギスタン、イラン東部で実際に自分が何をしているのかについて、疑問を持っている人がいるかもしれません。それほど過酷なラリーなのです。 そして、2016年にスタートしたこのラリーの参加者は、いまだ走り続けているのです。