日本時間2005年10月1日午後0時55分に、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地より打ち上げられたソユーズTMA-7宇宙船で、ISS第12ミッションのクルー3名が宇宙に向けて飛び立ち、フォルティスの2005年の新作「B-42コスモノート クロノグラフ チタン ISSリミテッド」を含む「コスモノートセット」が公式装備品となりました。この「B-42コスモノート クロノグラフ チタン ISSリミテッド」は、ISS第11次ミッションを記念して制作された全世界500本の限定モデルで、2005年4月の第11次ミッションの際に初めて宇宙飛行士の公式装備品となったモデルです。

第12次クルーは、ソユーズの指揮官であるNASAの宇宙飛行士ウィリアム・マッカーサー、フライトエンジニアのヴァレリー・トカレフ宇宙飛行士、そして史上3人目となる宇宙旅行者であるグレゴリー・オルセン博士です。

この3名を乗せたソユーズ宇宙船は、打ち上げから2日後の10月3日にISSにドッキングし、短期クルーのグレゴリー・オルセン博士とISSに長期滞在していた2名の第11次クルーであるセルゲイ・クリカレフ宇宙飛行士とジョン・フィリップス宇宙飛行士が、4月からISSに結合しているソユーズTMA-6宇宙船に搭乗し、10月11日地球に帰還しました。



2005年バーゼル新作
B-42コスモノート クロノグラフ チタン ISSリミテッド
(Ref.638.27.91M)
 
写真左から宇宙旅行者のグレゴリー・オルセン博士、フライトエンジニア のヴァレリー・トカレフ宇宙飛行士、コマンダーのウィリアム・マッカーサ ー宇宙飛行士。
 
ロシア航空宇宙局ゼネラル・ディレクターから「B-42コスモノート」セットを手渡されるヴァレリー・トカレフ宇宙飛行士。