ISS第28/29次ミッションで古川聡宇宙飛行士がフォルティスを公式装備しました


2011年6月8日、日本時間5時12分(現地時間2時12分)に、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地よりソユーズTMA-02M宇宙船(27S)が打ち上げられ、ISS第28/29次ミッションがスタートしました。今回のクルー3名の中には、日本人でISS内長期滞在3人目となる古川聡宇宙飛行士が含まれ、オフィシャルサプライヤーであるフォルティスの腕時計とコスモノートセットが、3名のクルーに公式装備品として手渡されました。

ISS第28/29次ミッションのクルーは、ロシア連邦宇宙局所属のセルゲイ・アレクサンドロヴィッチ・ヴォルコフ宇宙飛行士、NASAのマイケル・エドワード・フォッサム宇宙飛行士、そしてJAXAの古川聡宇宙飛行士の3名です。ヴォルコフ宇宙飛行士は2008年10月のISS第17次ミッションでもコマンダーを務めており、その際にもフォルティスをオフィシャルウォッチとして装備しています。

6月8日に飛び立ったクルー3名は、6月10日に無事ISSにドッキングし、第27/28次クルー3名とISS内で合流。第27/28次クルーの3名は、9月8日まで、古川宇宙飛行士を含む第28/29次クルーは11月16日までフォルティスの腕時計とともにミッションに付く予定です。