01. JUNE 2020

パー・ウィマー:宇宙旅行を目前に控えて

パー・ウィマー

最初のバージン・ギャラクティック・スペース・ツーリストの仲間入り!

バージン・ギャラクティック・フライトに搭乗するパー・ウィマーは、間もなく一生に一度の旅に出発します。

彼は世界的な投資家であり、起業家であり、冒険家であり、パイオニアであり、慈善家でもあり、多くの人々にインスピレーションを与えています。彼の熱意、情熱、そして新しいことに挑戦したいという飽くなき情熱と、プロならではの心の安らぎが、フォルティスの「パー・ウィマー スペシャル・エディション・クロノグラフ」のインスピレーションの源となっています。

パー・ウィマーパー・ウィマー

伝説的なフォルティスの「オフィシャル・コスモノート」コレクションをベースに、「ウィマーブルー」のクロノグラフ秒針とタキメーター表示を備え、サブダイヤルに「パー・ウィマー」のロゴを配したスペシャル・エディションです。ウィマーは、現存するわずか10本の時計を宇宙に持って行き、それらは地球に戻ってきた時にオークションにかけられる予定です。運が良ければ、宇宙空間で実際に時を過ごしたフォルティスの「スペシャル・エディション・クロノグラフ」のオーナーになれるかもしれません。

フォルティスの撮影隊は、パー・ウィマーと共に1日を過ごし、彼の人となりを間近で体験できるビデオを制作しました。ウィマーに興味をお持ちになったならば、是非この動画をご覧ください。

パー・ウィマー

パー・ウィマー

1968年デンマーク生まれ。世界的な投資家、冒険家、探検家、慈善家、起業家、作家、宇宙飛行士といった多くの肩書を持っています。小さい頃から宇宙に興味を抱き、2005年にリチャード・ブランソン卿のヴァージン・ギャラクティック社に創設時の宇宙飛行士として参加。2021年には、宇宙への最初の商業ロケットのひとつである同社のスペースシップ2(SpaceShipTwo)で、地球を飛び立つ最初のデンマーク人スペースツーリストになる予定です。そのミッションの際に、彼はフォルティスの腕時計を身に着けます。彼は、XCORのリンクスやスペース・アドベンチャーズ(2000年に契約)の初代宇宙飛行士にもなる予定でした。彼はすでに無重力/ゼロG飛行訓練や戦闘機飛行を含む宇宙関連の訓練を終了し、健康診断に合格。ロシアとアメリカの遠心分離機を使って宇宙に打ち上げのためのシミュレーションを行っています。

彼は自身のためだけでなく、彼が設立した「ウィマー・スペース」でのエキサイティングな冒険や宇宙への旅を通して、実現不可能と思われていた夢やビジョンを実現するためのインスピレーションを多くの若者に与えてきました。友人には、アポロ11号において月面を歩いた宇宙飛行士として有名なバズ・オルドリンがいます。

投資家・金融家としてのパー・ウィマー
2000 年に宇宙や科学に関連した活動を行うウィマー・スペース、2007 年に自身の国際的な企業投資銀行であるウィマー・ファイナンシャル、2011 年に投資関連企業ウィマー・ファミリー・オフィスを設立し、ウィマー・ホライズンのパートナーでもあるパー・ウィマーは、経験豊富なグローバル投資家です。ウィマー・ファイナンシャル設立前は、MFグローバル/マン・セキュリティーズ(600億米ドルの資産運用会社であるマン・グループの前身)で株式アドバイザーを務めていました。また、コリンズ・スチュワート(現カナコード)では、同様のトレーディング業務に従事。1998年から2002年までは、ニューヨークとロンドンのゴールドマン・サックス証券会社に勤務。
その後、独立し金融機関へのコンサルティングや機関投資家向けエグゼクティブ・ディレクターとなり、前述の金融関連企業を設立しました。
(ハーバード大学でビジネス、金融、国際関係を専攻し、行政学修士号を取得しています。また、ベルギーのカレッジ・オブ・ヨーロッパで修士号、ロンドン大学で法学修士号、コペンハーゲン大学で法学学士号と法学修士号を取得しています。)

冒険家としてのパー・ウィマー
ウィマー・スペースの中で、彼は次のような冒険にチャレンジしてきました。アマゾンの森のインディアンとの生活、ネバダ州ブラックロックデザートでの世界地速記録挑戦、ボリビアの世界で最も高い標高5,500メートルのスキー場でのスキー、ラップランドの北200キロの極地スウェーデンのキルナ近郊でのスノースクーリング、オーストラリア西海岸沖でのフリーダイビング、改造されたF-104スターファイタージェット機の操縦などを行ってきました。80カ国以上を訪問し、2008年10月6日、パー・ウィマーはラルフ・ミッチェルと共に、地球上で最も高い地点エベレストの上空からの初のタンデムスカイダイブを成功させ、世界の歴史に名を刻みました。2019年、深海潜水艦での北大西洋潜水にも挑戦しています。

フォルティスの「パー・ウィマー スペシャル・エディション・クロノグラフ」は、冒険に誇りを持つウィマー・スペースとフォルティスのコラボレーションの第一弾であり、大西洋の海底の暗黒と、カーマンラインの向こうの非人道的な生活環境の両方で着用され、フォルティスのサポートのもと彼は記録を更新し続けています。